火災保険を利用した外壁塗装に注意!

目次

火災保険を利用したリフォーム勧誘にご注意ください

全国的に火災保険を利用したリフォーム被害が増加してるようですが、

どうやら「自己負担0円」と宣伝し、実際には高額な請求がなされるようです。

当店には、「お客様に保険利用を勧める代理店になりませんか・・?」と

代理店募集の営業電話がよくあり、もちろん断りますが、

松山市でも「火災保険使えるの?」と相談される事が多くなりましたので

このような被害にあわない為に知ってほしい

保険利用を勧める悪質な業者の対策について調べてみました。

火災保険の調査員

火災保険を悪用したリフォーム勧誘の手口

悪質業者は、巧妙な方法で消費者を騙します。代表的な手口は以下の通りです。

  1. 「自己負担0円」と謳う
    「負担0円でリフォームが可能」とうたい、消費者を誘い込みます。
  2. 無料点検を装う
    業者が「無料点検」と称して訪問し、火災保険を利用してリフォームを進めるよう勧誘します。
  3. 過剰な請求
    保険金を多額に申請し保険金額が少なければ費用を負担することになります。
  4. 偽の損害報告
    実際には存在しない損害を捏造し、保険金を不正に請求します。
火災保険を悪用した外壁塗装

火災保険の適用範囲について

火災保険は、火災や風水害などの突発的な被害を補償するもので、

自然災害の少ない中予地方で家の塗り替えに保険が適用されるほどの損傷は稀だと思います。

経年劣化に対して保険は適用されませんし、

一部の被害を多めに申請して浮いた費用を家の塗り替えに充填する事はできません。

被害を防ぐためのポイント

リフォーム詐欺から身を守るためには、次のポイントに注意して下さい。

  1. まずは保険会社に問い合わせる
    経年劣化は対象外であることを認識し、疑わしい勧誘があれば保険会社に直接確認することが重要です。保険申請をリフォーム業者に任せないで、まずは保険会社に直接問い合わせましょう。
  2. 火災保険の内容を理解する
    自分の火災保険の補償内容を把握し、どのような場合に保険が適用されるのかを理解しておきましょう。
  3. 突然の訪問に警戒する
    突然訪問してくる業者にはご注意ください。特に「すぐに対応しないと大変なことになる」といった強引な勧誘には注意が必要です。
  4. 「負担0円」に惑わされない
    「負担0円でリフォームができる」という甘い言葉には注意しましょう。これらの宣伝文句は、お客様の関心を得るための罠であることが多いです。実際には後から高額な費用を請求されるケースもあります。

まとめ

火災保険を悪用したリフォームは、お客様に深刻な被害をもたらします。

しかし、正しい知識と注意を持つことで、被害を防ぐことが可能です。

火災保険の内容を理解し、経年劣化は補償対象外であることを認識することも大切です。

疑わしい勧誘があれば、保険会社に直接確認することをお勧めします。

参考サイト

国民生活センター

2012年より複数回、相談事例を公表しています。

その中から2020年・2021年の記事を下記にリンク致しました。

2020年公表

「保険金を使って自己負担なく住宅修理ができる」と勧誘されてもすぐに契約しないようにしましょう!

2021年公表  

保険金で住宅修理ができると勧誘する事業者に注意!

消費者庁

消費者庁では大規模災害の後に、悪質商法が増加する傾向にあると警告しています。

消費者庁(PDF):災害に便乗した悪質商法に注意!


関連記事

外壁塗装は保険請求より松山市の行うリフォーム補助金を申請する方が堅実です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次